2013/06/30

コモドのビーチ

コモドのビーチがまとめ買いで売れた。

2013/06/29

夏に好調、新シリーズ

フォトリアでも新作浴衣シリーズが初ダウンロードを記録。あとピクスタでグランドスラム。

2013/06/27

fotoliaで登録枚数900枚突破!

fotoliaでストックの登録枚数が900枚を突破した。

まだまだペースが遅い、すべては審査の相性の悪さにある。


Fotolia

2013/06/25

【フォトライブラリー】売れる写真の価格戦略

フォトライブラリーでは、自分で販売する価格を決めることが出来る。これは他社にない大きな特徴だ。

価格設定を工夫することで、売上を伸ばすことが可能だ。

本日の売れ筋

本日の売れ筋は宮古島シリーズ。夏シーズンに向けた準備のようだ。

2013/06/24

ランキング第2位

先日世界同時販売開始した浴衣シリーズがフォトライブラリーでランキング第2位に!販売目標10,000枚に向けて好発進。

2013/06/23

世界遺産「胡朝の城塞」

今日は土曜日にもかかわらず、ベトナムの世界遺産「胡朝の城塞」シリーズがまとめて売れている。

2013/06/22

浴衣イメージを全世界同時販売開始!

日本の夏といえば浴衣、すでに文化の域を超え芸術と呼ぶにふさわしい。

この日本の文化、芸術である浴衣のすばらしさを世界中に伝えるため浴衣イメージの写真シリーズを全世界同時に販売開始した。

在庫切れ

モデルには、TVCMなどでも活躍してる超売れっ子女子高生モデルを採用、高齢化社会にまっしぐらの日本のイメージを払拭する新鮮で若々しいイメージをアピール。

取り扱いストックフォトサイトはフォトライブラリー、ピクスタ、フォトリア、シャッターストックの4社。すでにフォトライブラリーではトップページに掲載中。

今年度の販売目標は4社合計で10,000枚。

2013/06/20

ストックフォトサイト比較 ユーザ登録

前から云っていることだが、現状登録するなら4社のストックフォトサイトだけで十分。

その4社とはフォトライブラリー、ピクスタ、フォトリア、シャッターストック

前の2社は日本の会社、後の2社は海外の会社。

ストックフォトで収入を得るためには、まずストックフォトサイトにユーザ登録することから始める。サイトごとにユーザ登録方法が違うので注意が必要だ。

ストックフォトサイト ユーザ登録難易度比較
サイト名難易度詳細
フォトライブラリー超簡単ユーザ登録は一番簡単。審査や知識テストなどもないので、すぐにでもストックフォトを始めたい人にはオススメ。
フォトリア簡単簡単。審査や知識テストはなし。身分証明書のデータ提出が必要。
ピクスタ普通次にユーザ登録には審査なし、簡単なテストあり。
シャッターストック難しい最難関。写真の腕前の審査あり。10枚提出7枚以上合格で写真投稿が可能。

今日はグランドスラム達成!

今日はグランドスラムを達成!

ストックフォトにおけるグランドスラムとは、1日でフォトライブラリー、ピクスタ、Shutterstockフォトリアの4社から売上が上がることである。

2013/06/19

桜の写真がバカ売れ

もうすぐ本格的な夏がやってくる。

暑い日が続く今日この頃だが、なぜか最近桜の写真がバカ売れしている。

すでにストックフォト業界では来年の桜シーズンに向け準備が始まっているのか??

しかも日本だけでなく世界中で売れている。来年は世界中で桜フィーバーになりそうな予感だ。


バカ売れしているのShutterstockに登録している桜の写真。

桜の写真を売りたいならShutterstockをオススメするが、コントリビューターになるための審査がかなり厳しく合格まで時間が掛かるので早めに挑戦した方が良いだろう。ピクスタに比べて審査は厳しいが、Shutterstockのマーケットは世界中なのでもっともっと売れる。ニューヨーク証券取引所に上場している会社なので、世界一安心できるストックフォトエージェンシーといえるだろう。

Shutterstock無料登録

次回はShutterstockだけで桜がバカ売れしている理由を詳細に解説したい。

2013/06/09

フォトライブラリーかピクスタか??

ストックフォトを売るなら、「フォトライブラリー」か「ピクスタ」のどちらがいいのだろか?

最近、良くアドバイスを求められるので簡潔にまとめておくので、読んでおいてほしい。


日本でストックフォトを売る場合、今のところこの2社ははずせない。初心者であればなお更、他のサイトは気にしなくてよい。理由は明快、この2社ほどは売上が見込めないからだ。

初心者の場合は、絶対に「フォトライブラリー」から始める方がおすすめだ。審査もそこそこ優しいし、売れやすい。実績のない初心者でも、検索で上位表示されれば売れる。

一方、「ピクスタ」も審査は難しくないが初心者は売れない。実績あるクリエータが優遇されすぎるので、実績のない初心者はまず売れない。売れ筋鉄板の白バックの若い女性をアップしても、実績がないと検索で上位表示されないので売れない。

尾崎さんの友達ではないが、初心者は「フォトライブラリー」から始めたほうが良いだろう。

2013/06/06

初心者でも売れるおすすめストックフォトサイト

ちまたでストックフォト初心者のブログを良く見るようになった。

書いてあることは、大抵こんなこと。

「ピクスタで売れな~い」

「フォトライブラリーで久しぶりに売れました~}


まあ、初心者にやさしくないサイトにいくら登録しても、売れないものは売れないのだ。

若い女性メインで、白バックの写真を量産する実績のあるベテランの写真は売れる。でも実績のない初心者の風景写真は絶対に売れない。

売れない理由は、写真が下手だから?

そんなことはあまり関係ない。買う人の目に触れないから売れないのである。詳しい説明は面倒なので割愛するが、ピクスタは実績があるベテランが優遇される仕組みになっているのである。逆の言い方をすれば、初心者は優遇されない。買う人の目に触れない。だから売れない。

売れないところでやっているのだから、ブログにも「売れな~い」としか書けない。悲しい現実だ。


初心者の写真でも飛ぶように売れるサイトを紹介しよう。

ずばり、Shutterstockが今世界で一番売れるサイトだ。

ここは初心者でも審査に通過した枚数程度は売れる。100枚アップ(審査に通過)すれば、100枚は売れる。

うまい話には裏がある。これ世の中の常識。

この話にも当然裏がある。入会には500万円が必要、なんてことではない。

ここは海外のサイトなので、無料登録も英語で入力する必要がある。

英語のできない人はどうすれば良いか?できないものはしょうがない。残念だが売れないところで今まで通りやってもらうしかない。

英語のできる人は今すぐ無料登録だ。

Shutterstockの無料登録>ここから


Shutterstockでダウンロード数1500枚突破

Shutterstockでダウンロード総数が1500枚を突破した。

記念すべき1500枚目は、どの写真だろうか?気にはなるが、探すのが面倒くさいので探さない。1500枚以上の写真が世界のどこかで有効に使われているはずだ。もしかするとインドで少女の命を救っているかもしれない。

とにかくShutterstockは売れる。初心者に優しく、始めたばかりのコントリビュータでも良く売れる。審査に通ればまず売れる。一番売れるサイトはここだ。

ピクスタやフォトライブラリーで写真が売れないと悩んでいるなら、Shutterstockを今すぐに始めることをおすすめする。

まずはコントリビュータの<無料登録>から。

2013/06/05

今日はグランドスラム達成

今日はグランドスラムを達成!

ストックフォトにおけるグランドスラムとは、1日でフォトライブラリー、ピクスタ、Shutterstockフォトリアの4社から売上が上がることである。

2013/06/03

2013年5月収入実績

5月はストックの登録数を大幅に伸ばしているので、売上も連動?といきたいところだ。